消費

消費

お金の使い方は3つあります。そのうちの1つが「消費」です。お金の使い方の中でも多くの割合を占めています。
消費とは、生活をしていく上で必要な物品を購入することを軸として、他にも自分が欲する要求を満たすためにお金を使うことも指します。使った分のお金がそれと同じ価値のものに変わるということです。お金を払って食材を購入したり、生活に必要な物品を買ったり、家賃を払ったりといった行為は消費に値します。
生活をしていく上で欠かせないお金の使い方が消費なのです。

 

また、人がお金を使う上で初めて出会う使い方がこの消費というものです。小さな子供が親や親戚などからもらったお小遣いで好きなお菓子やおもちゃを買うのも、立派な消費のひとつのカタチです。消費という行為は小さなものから大きなものまで様々な形がありますが、全てが必要なものです。
この消費というお金の使い方があるからこそ、世界の経済は発展し、動いていくのです。
国の違いや収入の違い、そしてお金に対するその人の価値観など、人によって消費に使うお金の額は違うものです。しかし、たとえガム一個の購入や、一駅分の電車の運賃などの小さな消費であっても世界を動かしていくうえではとても重要となるものなのです。